『江戸の八百八町、浪華の八百八橋、京の八百八寺』

 京都にお寺が多いことの例えとしてこのような言い方がありますが、実際には京都府下で3000以上もの寺院があります。

 街じゅう寺院だらけのイメージがあって、寺院の数も密度も当然トップと思われがちな京都ですが、意外とそうではありません。 寺院数(表1-1)では愛知県が1位で京都府は5位、人口当たりの寺院密度(表1-2)では滋賀県が1位で京都府は13位です。

 とはいえ、全国の本山の1/3以上が集中し広大な寺院が多い京都、特に京都市は日本を代表する宗教都市であり、街全体が大きな門前町と言っても過言ではありません。

 そんな宗教都市京都には、京都が発祥とされる七福神巡りをはじめとして多くの霊場巡りがあります。 さらに近年の巡礼ブームで、途絶えていた霊場巡りの復活や新たなご利益巡りの創設が続き、その数を増しています。

 何かとストレスの多い現代社会。人々の心に安らぎと潤いを与えてくれる霊場巡りは、これからもますます盛んになることでしょう。

表1-1 都道府県別寺院数(トップ10)
順位都道府県寺院数
[寺]
1愛知県4,618
2大阪府3,402
3兵庫県3,291
4滋賀県3,217
5京都府3,084
6千葉県3,009
7東京都2,870
8新潟県2,809
9静岡県2,638
10福岡県2,405
出所:「宗教年鑑 平成23年版」(文化庁)
表1-2 都道府県別寺院密度(トップ10)
順位都道府県寺院密度
[寺/人口10万人]
1滋賀県228.0
2福井県211.6
3島根県185.1
4山梨県173.3
5和歌山県159.0
6富山県148.1
7奈良県130.1
8山形県127.3
9佐賀県127.2
10三重県126.6
13京都府117.0
出所:「宗教年鑑 平成23年版」(文化庁)と「平成22年国勢調査」(総務省)から算出