『住居表示に関する法律(昭和37年5月10日法律第119号)』

 略して『住居表示法』は、住所の住居表示(○○△丁目◇番☆号)化によって、合理的な住居の表示を目的とするものです。

 日本全国の自治体、特に都市部の自治体がこの法律に基づいて積極的に住所の住居表示化を進め、同時に町名が統合・整理されました。 その結果、住所が分かりやすく便利になりましたが、反面、多くの歴史的地名が失われてしまいました。

 そんななか、京都市だけは政令指定都市で唯一これを導入せず、お陰で今も歴史的地名がそのまま残っています。

 京都市が住居表示を導入しない理由は寡聞にして知りませんが、私は次のように考えています。

1)歴史的地名・町名に対する住民の愛着が極めて強い。
2)通り名を用いた住所表示があり、住居表示を導入しなくても郵便物の配達等に困らない。
3)よそさんとは違う京都らしさを見せたい。

 1)もし京都市長が『住居表示を導入して町名変更します』なんて言い出したら、恐らく『市長やめろ』の大リコール運動が起こるでしょう。  2)市内周辺部に通り名表示(○○通△△上ル)はありませんが、市内中心部では今も便利にあたりまえに使われています。  3)公にこのような意見を言う人はいませんが、京都人の多くは心の中でこう思っているはずです。

 便利さ一辺倒ではなく、良いと思ったものはどんどん外部から取り入れ、そしてとことん守り抜く。 この革新性と保守性の二面性を併せ持っていることが、京都という街が造られてから1200年を経て、今なお世界に誇る日本の代表都市で有り続ける理由だと思います。