京都十六社
かす が じん じゃ
西院  春日 神社
祭神 建御賀豆智命、伊波比主命、
   天児屋根命、比売神
ご利益 病気厄除 厄除 病気平癒 交通旅行安全
住 所
電 話
URL
備 考

病気平癒・厄除

平安の御代、淳和天皇の皇女、崇子内親王が疱瘡(天然痘)を患われたとき、御神前の石が、内親王の身代わりとして放送のおできを生じました。 これよりその石は、世に病気平癒・災難厄除の霊石「疱瘡石(ほうそういし)」と崇められ、天皇はじめ皇室等より、たびたびご祈祷を命ぜられてきております。 この由緒により、平素は社殿内に秘蔵されておりますこの「疱瘡石」を、毎月一日、十一日、十五日の三日間に限り、一般公開し、「病気平癒・厄除祈願」の参拝者に拝観いただいております。

旅行安全・交通安全

第一殿ご祭神の建御賀豆智命(たけみかづちのみこと)が、鹿島から鹿に乗って、つつがなく春日にお移りになったといういわれから、「交通安全」のご利益があります。 境内にある還来(もどろき)神社は社名の通り、還って来る信仰により、「旅行安全」の神と崇められています。

出所:『西院春日神社の御神徳』ちらし

≪前の神社 次の神社≫

更新日:2017/02/19